リーディングペット絵の製作過程はこんな感じです

 

リーディングペット絵の製作過程を載せてみます。
こんな感じで描いてます。
(画像が自分の記録用に撮っているものなので、ちょっと汚いです)

 

まず目から描きます。
よく「目は一番最後かと思った」と言われることが多いですが、目に魂を篭めるのでまず目からです。
目が一番大事なので超真剣に描きます。
リーディングはこの時が一番入りやすいです。
この写真、目だけだとなんか怖い?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、目の次はだいたい耳です。
手のかかるところからやってます。
動物は耳毛が複雑なのです(@@)
毛の流れや束感を再現するために、写真を見過ぎて目が痛くなることも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻、口元に続きます。
ここらへんまで来ると、少し余裕が出てきてモデルのペットちゃんと会話して描いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん描きますが、描き足りないところもあったりで、行きつ戻りつします。
背景はリーディングしてその子に合うものを選ぶようにしてますが、全体のバランスによっては入れないこともあります。
この場合はこの子の眩しいほどのピュアな魅力を生かすために、あえて足元の影だけにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したあと、数日あけて、もう一度絵を見て必要があれば手直しをして、お渡しとなります♪

 

リーディングペット絵のご依頼、お気軽にご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

アカシックリーディング募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。