アカシックリーディングプラクティショナー認定されました

 

 

時々ブログで触れていましたが、今年の始めからスタートしたアカシックリーディングプラクティショナー審査(アカシックリーディングを学んだノウイングスクールの認定審査)のための50人リーディングが6月に終わり、7月に認定審査を受け、先日「合格」のお知らせをいただきました。

 

 

リーディングにご協力くださった方々、深くお礼申し上げます。
認定審査当日のクライアントさま、審査にご協力くださりありがとうございました。
一時間のリーディングを査定してもらえる機会はまずないので、アドバイスをいただけたことはとても参考になり、リーディング研鑽へのモチベーションが上がりました。
査定してくださった講師の方々、ありがとうございました。

 

 

提出したリーディングレポートが大変でした。
書くのが苦手なので、ちょっと油断して溜まると消化するのに一苦労でした。
自分のリーディングを知るために受けたいという気持ちが強かったのと、リーディングが好き、だから続けられました。

 

 

アカシックリーディングと自己承認は切っても切れません。
自己承認がどれだけ重要なことか、アカシックリーディングを続けていくうちにさらに実感するようになりました。
リーディングと日々の自己承認をコツコツやっていくのが好きです。
リーディングごとに情報の感じ方、違いを検証したり、自分の癖や偏り、得意な方面の発見、そういう作業も楽しいです。

 

 

どれだけ真摯にご質問に向き合えるか。
リーディング前と後、クライアントさまが何かを感じられることを意図しています。
これからもよろしくお願いいたします。