名前

 


ノウイングスクールに通うまで職場と家庭の二本立て人生だったわたしは、苗字で呼ばれることが圧倒的に多かったので、スクールで「○○名前)さん」って名前で呼び合うことが新鮮に感じました。

「わたし」を呼んでくれているんだなぁと。

 

ある時、講師の方に「○○(わたしの名前)ちゃんは大丈夫よ」と言われた時、何とも言えない気持ちになりました。
嬉しいのと、悲しいような寂しいような。
ごちゃまぜの複雑な感情でした。

 

なんでだろうってずっと思ってました。
ある時、「あぁ・・・」と気がつきました。
子供の頃、こう言われたかったんだと。
「○○ちゃん、大丈夫よ」

 

名前は生まれてから死ぬまでずっと変わらない。
いつもどんな時も共にいます。

 

「○○ちゃん(くん)」と自分に呼びかけてみる。
どんな自分が見えるか。
どんな感情が湧くか。

 

じっと我慢している小さな子供のわたしがいます。
そんな時、あの頃言って欲しかった言葉
「○○ちゃん、大丈夫だよ」ってその子に言ってみる。

 

忘れていたけど本当は忘れていない、確かに存在する自分を思い出す。

 

名前にはその人そのものが込められています。
それを呼ぶことは相手、自分、存在そのものに呼びかけていること。

 

名前を呼びかける時、いつもそう思います。