ポイッとパッと

手放したほうがいんだろうとわかっていても手放せないものって、本当に望むものと表裏な関係だけど、残念ながら欲しいものと形がちょっと違うんですよね。

違う形だから、やっぱりどこかしっくりこないです。

疲れたり、どこか楽しくなかったり、虚しかったり。

心のどこかでは「これは違うよ」ってサインがあるのにスルーしてしまったり。

思い切って手放すと本当に欲しいものに近づけるのがわかっているけど、怖くてできない。

そうやって悩むことも手放せなくなっていたりします。

でも、限界感じたり、もういいやって思えたら、勇気を振り絞って手放してみる。

手放してしばらくはぽっかり穴が開いたような気持ちだけど、心のどこかで軽やかさも感じられて、

時間が経てばいつしか軽やかさのほうが大きくなって、動ける時がきます。

そして、新しくできた空間に新しいものが入ってきます。

物でも感情でも。

違うな、これじゃないなってなったら離れてみましょう。

どうしてもできない、まだ続けたい時は、それもまた良しですよね。

自分が納得するまでやって、いつかポイッと「もうお終い」にしたくなる時が来たら、その時はパッと決断しちゃいましょう。