その他」カテゴリーアーカイブ

週一ヘナ生活~白髪染めやめて一年~

 

 

毎日暑いですね。
最近は「暑いね~」が合言葉になってます。
ワンコの散歩ももっぱら夜です。
水分を充分に摂って、そして、食べ過ぎに気をつけましょう。
食べ物の消化は結構なエネルギーを使います。
体力温存のためにも満腹ではなく、食べても腹八分を目安にしてくださいね。

 

 

白髪染めをやめてヘナを始めて、もうすぐ一年になります。
ヘナタイムはリセットタイムで、楽しみな時間。
スカッとして髪が元気になるのが嬉しくて、週に一回くらいでやってます。

 

 

白髪ができてからはずーっと白髪染めをやっていました。
年齢とともに染めるダメージも大きくなっていき、いつの頃からか「なんでわたしは白髪を染めるのか?」と思うようになりました。
あまりに当たり前で考えたこともなかった・・・・まず自分でそこに驚いた(苦笑)
白髪って無意識にみっともないって思ってました。
老けて見える、疲れて見える。とか。
でも、それってありのままの自分を否定することかも?と思い始めました。

 

 

女性だから、やっぱりできるだけ綺麗でいたいなと思います。
メイクも好きだし。
でも、髪の毛(肉体)にダメージ与えてまでやる必要あるのか?
白髪は隠すもの?
そんなこんな考えつつ、踏ん切りつかずの中途半端で白髪染めをしていると、ものすごいストレスで、なんというか心地が悪い・・・したくないのにやっている・・・おヘソが捩れる感覚です。

 

 

 

白髪を隠すより、受け入れるほうが楽ちん。
疲れて見えるのはダメージでバサバサになるから余計にそう見えるのかも。
白髪でもダメージの少ない元気な髪のほうがいいなー

 

 

じゃあ、もう思い切ってやめてしまおう!と昨年の7月を最後にやめました。
長い目で見たら、白髪でも髪が元気なほうが嬉しい。
白髪でもいいじゃないか♪

 

 

わたしにとって「きれい」は「健やかさ」が大事なんだ、と気づきました。
あっけないほどストレスがストンとなくなりました。
自分のしたいことをするのが一番。

 

 

次は、長年痛めつけた髪をなんとか元気にしたい。
これをなくすには、髪が伸びて痛んだ部分をカットするまで長い時間が必要だと痛感。
付け焼刃的なトリートメント効果に意味も見出せず、どうしたら少しでも髪と地肌を元気にできるか、とにかく根本から元気にしたい!と調べていたら、ヘナに辿り着くことに。
ヘナは白髪を色づけするためのものではなく、地肌への究極のトリートメントらしい。
地肌に栄養を届けられる、ナチュラルな成分なので、やってみようと開始。

 

 

以来、一年間ほぼ週一でやってます。
やればやるほど頭皮も髪も元気になるし、地肌がキュキュっとして、地肌からの浄化感が快感で病みつきに(笑)
頭頂部の突き抜ける感覚はすごいです。
あと、子宮と頭皮は直結してるので、それにまつわるホルモンも安定するのは更年期世代にはとてもありがたいです。
頭皮と顔の皮膚も繋がってるので、おかげで肌も特にトラブルないです。
コスパもとってもいいです。
白髪がオレンジ色になってますけど(特に写真だと燃えてるような髪に。笑)、そんなことは微々たること、問題ナシです。
おもしろいのは自分の白髪分布図がよーくわかること。
白髪染めではわからない新感覚~
おお、ここにも!増えたなーと発見するのが楽しい。
髪が元気なので白髪が気にならないです。

 

 

何がいいとか悪いとかじゃなく、自分が納得できるかどうか。
白髪染めだってカラーリングだって受け止め方はその人次第です。
メイクだって肌に悪いという考えで保湿だけのシンプルケアのみの人もいます。
それがその人の大切な「美しさ」。

 

 

どんなことでもやれば何かしらの影響はあります。
どういう意図でやるか、です。
やっていてオヘソが捩れるような感覚の時、自分の声をききましょー
踏み出す勇気が必要な時もあるかもしれない(その時は大抵はそうだと思います)けど、自分を大事にすると心地いいですよ。

 

<追記>8/11
アメブロにヘナのやり方、使っているヘナについて、書いています。
良ければご参考にどうぞ。こちらから。

 

梅雨入り、近況

 

すっかりご無沙汰してしまいました。
もう梅雨入りですね。

 

五月は広島と箱根に旅行してきました。
広島は用があったのですが、もうひとつ、弥山に行きたかったのです。
あいにく小雨でしたが、登ってきました。

 

頂上からの景色。

 

これが見たかった。
どこか知らないのに前から見ていた景色。
懐かしい。

スライムみたいな小島がかわいい。

 

 

宮島の鹿。
登ってる最中も遭遇して、癒されました。

 

他には原爆資料館とか尾道散策をしました。
資料館はリーディングしつつ見たので、結構時間がかかりました。
尾道のお寺参りの住宅街の坂道、グルグルで方向音痴には辛かった(笑)

 

箱根は楽天で表彰された宿にしたら、すごくサービスが細やかでした。
一押しは、お風呂上りの靴下が浴衣と共に用意されていて、これがサイコー。
お風呂上りで素足でスリッパ履きたくない、次の日の靴下履いてもいいけど、明日もそれ履くのね・・・みたいな、些細なことだけど、それ用に用意してくれている宿は初めてだったので細かな心配りで快適でした。

 

リーディング関連は、土曜は占いのお店でリーディングしています。
いろいろな体験ができて楽しいです。
お客様はアカッシクリーディングをご存知ない方がほとんどなので、普段のリーディングとはまた違う運びです。

 

あと、いろいろな方法があるけど、自分にはやっぱりアカシックリーディングがしっくりくるなぁと思う件もありました。

 

とまぁ、こんな五月でした。

 

 

梅雨らしいのも一枚(^^)

庭のあじさいとハリー。
これでもかっていうくらい咲いてます。

 

アカシックリーディングプラクティショナーの準備も昨日完了し、スッキリしました。
不器用なので並行作業が苦手(汗)

 

 

アカシックリーディング、詳しくはこちらです。

リーディングペット絵、詳しくはこちらです。

お問い合わせはこちらまで。

 

よろしくお願いいたします。

 

GoGoゴールデンウィーク

 

ゴールデンウィーク後半ですが、いかがお過ごしですか。
わたしはあれれっていうくらい事態が動いていて、わくわくです(^^)
これやりたいなーって思うと、情報をくれる人がいて実現したり、チャンスが見つけやすくなったみたいで、嬉しいです。
以前は行動するのがどこか怖かったけど今はそうでもない、っていう感じです。

 

ゴールデンウィークは毎年必ず断捨離です。
なんでかっていうと、フルタイムで働いていた時、この時期くらいしか時間かけられなかったのと、衣替えにちょうどいい季節なので、定例行事となりました。
衣類を洗濯して、入れ替えしつつ衣類を選別する。
そうなると、他も片付けたくなり、気がつくといろいろと断捨離してる。
今はしょっちゅう断捨離しているので、そう処分するものもないけど、それでもでてきます。
処分しやすいです、こまめにやってると。

 

一気にやるのもいいけど、ハードル高い、ムリ!っていう人は少しずつやってみるといいと思います。
範囲と期間設定。

 

押入れの下段のみ、クローゼットだけ、とか。
所要時間二時間くらい、の限定で。
まず無理しない範囲で処分する。
そして、三ヶ月くらい経過したらもう一度やってみる。

 

こまめにやってみると、結局使ってない、着てない、あることすら忘れてた、そういうことに気がつきます。(ほんと忘れてる・笑)
いつか使う・・・のいい加減さ、あてにならないこと(笑)
そうすると処分する踏ん切りがついたり、自分の処分ラインがわかってきます。

 

そのモノが自分のなにを表しているのか、どうして手離せないのか考えてみたり。
モノに支配されてるかも?
自己承認作業にも繋がってます。

 

片付け、整理は楽しいですよ~~♪

 

認定のためのリーディングレポートがひと段落。
あと少し、頑張ります(^^)

やめ時って

 

新しい絵の道具を買い、それに夢中というか試行錯誤していて、ブログがすっかりご無沙汰してました(汗)
絵を描き始めると、つい他のことがストップしてしまうのもありますが。

 

絵を描く時、それは老眼とド近眼との戦いの時でもあります(笑)
細部まで描くのでけっこう細かい作業なんです。
普段は眼鏡なんですが、眼鏡のピントもイマイチなので、ほぼ裸眼で描いてます。
なので、細かいものを描いてる時、紙と顔がすごく近いので、姿勢が悪くなってあちこち痛いです(^^;
あと、見え方は光の質や量にもすごく左右されるので、照明も重要です。
なるべく一定条件で塗るようにしてます。

 

先週から描き始めた絵。
下書きの段階ではよく描けてたけど、色を塗り始めてしばらく進めるとなんだか違和感が。
新しい照明と台に慣れてないので塗り加減がイマイチ掴めない。
でも、目がよく描けていたのでそのまま進めてしまいました。
「始めからやり直すなら今のうち」という心の声はスルー。
色鉛筆は消せないので少しずつ辻褄合わせようとしたけど、すればするほどおかしなことに。
描けば描くほど「やっぱりおかしい」って思うのに、「目がよく描けたから描き直したくない」と、それ以上の目が描けるか自信がありませんでした。
最初楽しく描いていたのに、いつしかモヤモヤしながら描いてて、自分で「これは完成しないだろう」とわかっているのに。
結局、半分くらい描いたところで、「もうムリっ」と我慢できなくなり、やり直すことにして下書きからリトライ。
まだ半分までいってませんが、それでも今はスッキリして自分の納得するように描けていて楽しいです。
目もいつも以上に集中したし、なにがいけなかったかわかっているので、今度はうまくいってます。

 

 

 

 

 

 

 

描き直した絵です。今のとこここまで。

 

これって、絵以外のことでも同じだなと思いました。
やめたいのにやめられないのは、やめることで起きる事を恐れているから。
いつやめるか、どうしたらやめられるか。
それが人からのアドバイスによるものか、やめられなくて自分で「もういいや」と思えるまでやり続けてやめることになるか。
どっちが良いとか悪いとか全然ないです。
選択権は自分にあります。
迷う時は、「自分はそのことで何を得ているのか」を考えると、根本の問題、自分と向き合うきっかけにもなります。
迷うこと、自分で選択できること、すごいことです。
戦争や内紛、身分差別のない国と時代、環境に生まれてきたからできることだと思います。

 

アカシックリーディング募集中です。
詳しくはこちらまで。

ペット絵はこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらです。

 

少しAbout me

 

人の心はどうなっているのか、それは目で見えるのか、同じ人でも育った環境が違うと大きくなったら別人になるのかな、なにがその人を「その人として」作っているんだろう、人はなにを根拠に行動するのか、なぜこの親に生まれてきたんだろう、何のためにここに来たんだろう・・・などなど小さい頃からこんなことばかり考えていました。
特に、親、家族関係が常に緊張した環境だったので、余計にそうだったのかもしれません。
高校生くらいまで家族の中でわたしにだけ見える人がいたり、聴こえる音があったり、毎晩誰かが部屋のドアに体当たりしてきたなどなど、当時は怖いとひたすらおびえていました。

 

サバイバル的な生き方をしていたので、ずーっと幼いころからの疑問を持ったまま放置してましたが、いろいろなことがあり、「自分を知りたい」、「自分と繋がりたい」という思いが再燃しました。
行動と自分にズレがあってなんとかしないと、と思いました。
ドキドキしながら思い切って行動してみると、あらま!同じような人達がいた!嬉しい!!でした。
通ったのはノウイングスクール本科です。
卒業後は各種ワークショップや講座に参加しています。

学べる場があったこと、卒業しても仲間がいることは、本当に良かったです。
心からの望むことをやる、それは未知の世界だから肉体は怖いからやめようとブレーキをかけるかもしれないけど、思い切ってやってみることは素晴らしいですね。
(ゆっくり進めば肉体もついてきてくれます)
その過程でアカシックリーディングとペット絵に出会えたことは何よりも嬉しいです。

研鑽の道は続きます。
どうぞよろしくお願いいたします。