ペット絵」カテゴリーアーカイブ

リーディングペット絵の製作過程はこんな感じです

 

リーディングペット絵の製作過程を載せてみます。
こんな感じで描いてます。
(画像が自分の記録用に撮っているものなので、ちょっと汚いです)

 

描く前に写真を見て言葉にならない会話してます。
絵で伝えたいものが固まったらスタートします。
要する時間は数時間~数日です。

まず目から描きます。
よく「目は一番最後かと思った」と言われることが多いですが、目に魂を篭めるのでまず目からです。
目が一番大事なので超真剣に描きます。
リーディングはこの時が一番入りやすいです。
この写真、目だけだとなんか怖い?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、目の次はだいたい耳です。
手のかかるところからやってます。
動物は耳毛が複雑なのです(@@)
毛の流れや束感を再現するために、写真を見過ぎて目が痛くなることも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻、口元に続きます。
ここらへんまで来ると、少し余裕が出てきてモデルのペットちゃんと会話して描いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん描きますが、描き足りないところもあったりで、行きつ戻りつします。
背景色はその子に合うものを選ぶようにしてますが、全体のバランスによっては入れないこともあります。
この場合はこの子の眩しいほどのピュアな魅力を生かすために、あえて足元の影だけにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したあと、数日あけて、もう一度絵を見て必要があれば手直しをして、お渡しとなります♪

 

リーディングペット絵のご依頼、お気軽にご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

絵のご感想をいただきました

 

こんにちは(^^)
絵のスキャンに四苦八苦してるこの頃です。
色鉛筆のタッチをweb画像にするのって難しいですね~~(@@)
色も雰囲気もなかなか再現できません。

 

絵のご感想をいただいたのでアップいたします。

最初に絵を見た時まるで目の前に愛犬がいるようでした。
細部まで細やかで、家族に見せた時は想像以上だったらしく、びっくりしていました。
絵を見ながらリーディング内容を聞いて
「あの動きはそういう事だったのね!」と府に落ちました。
愛犬からのお願いも知る事が出来たので、そのお願いを叶えてあげたくて早く帰って会いたくなりました。
書いてもらって良かったです(^^)
宝物にします☆

「調和」

りくちゃんは家族団らんが大好きなとっても温和な子ですね。
柴犬を描くの始めてで楽しかったです。
ご依頼くださってありがとうございました。

原画は毛並みのモフモフ感があるんですけど、web上ではどうしても平面的になってしまいますね。

絵のご感想をいただきました

 

こんにちは。ホームページの慣れない作業でものすごーくアタフタしてます(^^;)
そんな中、先日お渡しした絵のご感想をいただきました。

 

アンは絵というよりも、本当にアンそのものでした。
目の前のアンはあまりに生き生きとしていて。
アンを思い出し、胸にぎゅーっと込み上げるものがありました。
アンと再会できたことが何より嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
早速lineでですが、姉たちに見せたところ、すごい!アンだ!と喜んでいました。
実物見てもらったら、また喜ぶだろうなーと、私は姉の反応を楽しみにしているところです。
あまりいい写真がなくて、大変な思いをさせてしまい申し訳なかったですが、アンの絵をお願いして
心から良かったと思っています!
本当にありがとうございました。

「おちゃめ」

アンちゃんは今年の7月に14歳で今世を終えたワンちゃんです。
お写真を見ながら描いていると、アンちゃんがご家族の愛情に包まれて安心して暮らしていたことが伝わってきました。

甘えたり、時にはイタズラをしてみたり。
イタズラも許してくれるのをアンちゃんはわかってやってました。

アンちゃんからのたくさんの「ありがとう」も絵に込めました。

ご依頼くださって、本当にありがとうございました。